MENU

目にいい食品と栄養素は何か?

 

 

 

 

 

 

 

 

バランスのいい食事が、身体にいいと分かっていても、

なかなか思うようには摂取できないもの。

 

 

 

目に良い食べ物として有名なのは、ブルーベリーだが、

そうそう毎日食べるのは難しい。

 

 

そもそも、ブルーベリーが目に良いと言われる理由は、

ブルーベリーに含まれている、アントシアニンという色素が、

ビタミンAとともに、目の網膜の色素の再合成を、

促す働きがあるからだ。

 

 

 

毛細血管を保護し、強化する働きもあるので、

目の血行を良くし、炎症などの回復もサポートしてくれる。

 

 

 

これだけの働きをしてくれるアントシアニンを、

ブルーベリー以上に含んでいるのが、カシスだ。

 

 

 

末梢の血流を改善してくれるので、

眼精疲労だけでなく、肩こりや、冷え症にも、

効果があると言われている。

 

 

 

他に目に効く食べ物は、βカロチンが、

豊富に含まれている、ニンジンが挙げられる。

 

 

 

βカロチンは、吸収すると、体内でビタミンAに変わるからだ。

 

 

 

ほうれん草やパセリ、レバーなども、

ビタミンAを豊富に含んでいるので、

日々の食事に採り入れよう。

 

 

 

目の健康に役立つビタミンは、他にもある。

 

 

 

ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEも、

目の若さをキープし、白内障の発症を、

抑制したりなど、様々な効果が期待できる。

 

 

 

しかし、いずれの栄養素も、目に良いからといって、

摂りすぎると、逆効果になる。

 

 

 

一番大切なことは、どの栄養素も、

偏ることなく、摂取することだ。

 

 

 

食事時間が不規則だったり、外食や、

コンビニばかりだと、栄養不足になりがちだが、

 

 

 

目だけでなく、心身ともに、健康に過ごすためにも、

毎日の食生活を、見直すことから始めてみよう。

 

 

 

更新履歴